ツーブロックゴリラという病

モテる成功法は必ずある

僕がツーブロックゴリラを卒業した理由

実は僕10年以上続けたツーブロックゴリラ引退しました。

 

辞めてしばらく経ち、自分の気持ちを再度整理する為に書きました。

 

サラリーマンとして、今自分がしている仕事が

「本当にやりたい事なのか」

「それはなりたい自分への一番の近道なのか」

問いかけ続けないと、いつの間にか

「やっている事がやりたい事」

に変わってしまっている

 

そして次第に役職や条件も上がり

居心地の良い環境から抜け出せなくなっている自分に

「やりたい事はなかった」

「これが自分のやりたかった事だ」

と無理やり言い聞かせ、周りの大人達と同じ様に現実を受け入れる

 

 

 

 

 

そんな、自分にはなりたくなかった。

 

 そんな、自分になりかけていた。

 

 だから僕はツーブロックゴリラを卒業した。

 

 

 

3週間に1度、ヘッドスパ付き、3㎜で刈り上げる、ツーブロックを卒業した。

全ての移動はタクシー、ブランド物のネクタイ、オーダーのスーツ、誰にでも奢る癖、NOとは言わない後輩とのやりとり、毎日飲んでも飽きない仲間

そんな群を抜け出した。

 

全てやめた

 

 

全ては、収入というステータスで他人稼いでいると言った優越感でしかなかった

それが心地よかった(※今思うとかなりヤバイ)

 

どんなに電話を切られても掛け続ける精神力、断るお客さんを根拠とマンパワーで最終的にYESと言ってもらう営業力、辞めたいと言う社員を理由付けし巻き返すマネージメント力。

 

これらはどれも僕の大切な財産だ。

諸先輩方々は皆優しく、皆尊敬している。

 

しかし

もう一度働く意味を見直し、自分が得たいものの為に働く

 

 

20代前半の時は、とにかく「営業力をつけたい」「お金を稼ぎたい」「若いうちから責任のある仕事をしたい」そんな感じだった

 

20代半ばに

「なぜこの世に生まれてきたのだろう?」

的な誰もが通る道へ

そこから

「せっかくの人生だから、自分の為だけではなく、大勢の人のやくに立つことをしよう、それが使命だ」

 

只、今の仕事は学ぶ事だらけだ、

営業力があれば何でもできる!←営業会社特有のモチベート

マネージメントができれば起業もできる!←なぞw

「いつかくるその日の為に、今の仕事を頑張ろう!!」

と、言い聞かせ日々の業務に取り組んでいた

 

当たり前だが10年経ってもその日は来なかった。

何故なら、僕の行動は自分があくまでツーブロックゴリラを極める道なのだから

 

しかし、自分の描く未来とは違う。

 

自分の力でもっと多くの

「直面する社会課題を解決し、一人でも多くの人の役に立ちたい」

 

その為には、誰かがどんな意図で用意したものを何も考えず、ただひたすら売り続ける 

のではなく

 

自分で課題解決するサービスを作り、世の中に広めたいと思った

だが僕には圧倒的に知性が足りなかった