ツーブロックゴリラという病

モテる成功法は必ずある

書評 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司

ビジネスとは社会問題解決から生まれる・・・って誰か言っていた様な気がする。

 

日本は終わりだ、このままじゃやばい、日本は遅れている。とどこを歩いていても聞こえてきそうな昨今。

 

なぜそんな言われようをしているのか?(※自分も言っていた)を少子高齢化という切り口からデータを元に、未来の予想、そして対策法を綴った本である。

 

感想(一言でいうと)

このままじゃマジやばいなこれ

って感じです。

 

何がヤバイかというと・・・

2015年日本で戦後初めて人口減少に転ずる

2016年出生数が初めて100万人を切る(※98万人)

2024年3人に1人が65歳以上、6人に1人が75歳以上

など、今後少子高齢化の速さがとてつもなく加速する

 

それによって

・地方の過疎化によるインフラ崩壊

介護施設、予算不足による自宅介護者増加による「介護離職」

・生涯未婚率、離婚率などの上昇による高齢者一人暮らし世帯の増加

「介護する家族がいない」「少子化

などの問題が今よりもさらに目に見えて起きてくる

 

第2章にその解決策として

・国としてどの様な政策を取るべきか論じている

 

が、政府は国民の不安を煽らない様に「何十年後も1億人で・・・」などの発表をしているが、そんな事は「大量の移民の受け入れ」「1家庭5〜6人の子供をうむ」

位の事をしなければ不可能なのだ・・・

 

その位しなければ、国家は縮小し続け消滅してしまうのだ

 

大好きな孫正義の言葉に

登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる」

という言葉があるが、僕が生涯をかけるのであればこういった、国家危機をビジネスで解決する山を選ぶ